Share this post !!

おはようございます,ayijkです。
今日は土曜日ということで時間があるので,あえて前日の夜に記事を書かずに当日の朝書いています(ブログの冒頭で「おはようございます」と挨拶をできるのが新鮮です)。
最近は安定して早起きできているのですが,時間に余裕のある休日こそ生活リズムが崩れやすいのでその予防策のようなものです。

ついでに窓の外を見たらいい感じの夜明け空だったので,今日のお昼ごはんを買いに行きがてらちょっと遠目のコンビニまで散歩しにいきました。……そしたら。

早起き,ちょっといいことあるものですね。

昨日友達が会いに来てくれました

ちょっと脱線しますが,昨日名古屋の友人,icchiが大学まで遊びに来てくれました。

先月ドイツの国際学会に参加した時に知り合ってから,なんだかんだで図らずも月一で会っていることに気付きました。
実は彼もWordPressでサイトを運営していているのですが,ドイツにて彼に名刺を渡して(以前の)サイトを教えた時に感じた羞恥心というか違和感が,このサイトへの移転を考え始めたきっかけだったりします。
言うなれば彼のおかげでこうして今ブログを書けているわけで,人生何が起きるかわからないなぁとしみじみとするところであります。

ちょうど昨日の晩,another skyで新妻聖子さんの話を聴いたんですが,本当に人生何が起きるかわからんな,確固たる意志を持って何かを目指す人って格好いいなと改めて思いました(人並みの感想)。とりあえず目下の修論に向けて(あとはその他諸々の事案に対して),胸はって俺は頑張ったと言える結論を出さないとダサいなと思わずにはいられませんでした。私は楽観主義者だと自覚してますが,「結果なんとかなるやろ」ではなくて,結果について良くも悪くも悩みぬくことがいいんでしょうね。当然のことでしょうが。
改めてanother sky,いい番組ですね。普段私が見てるのは報道ステーションとイッテQくらいなんですが,また見たいと思います。

脱線に脱線を重ねましたが,せっかくなので彼のサイトを紹介しておきます!


ブログではハックで面白い記事を書き,GitHubやQiitaでも活動しているスゴイ奴です。
私もcontributeしたいぞー。

Advent Calendarに執筆予約しました(1つ目)

既に上で触れましたが,Qiitaというサービスをご存知でしょうか。
トップページに「Qiitaは、プログラマのための技術情報共有サービスです。」とあるように,主にプログラミング関係のハック記事が日々大量に掲載されていく巨大サービスです。エンジニア・デベロッパの方は,エラーに遭遇した時にたどり着いてお世話になることが多いサービスです。

で,Qiitaは毎年”Advent Calendar”というイベントをやっています。
これは何か1つのテーマに沿って,それに造形の深い or 興味のある人が12月の1ヶ月間に渡って毎日交代で記事を書いていくというエンジニア・デベロッパによるワイワイ企画です。言うなればバトン小説(死語?w)のようなものです。
例えば2015年のAndroidのAdvent Calendarはこんな感じです。


本やリファレンスに書いてないような,個人の経験に基づくハック記事が多くて大変参考になります。

さぁ今年は何か面白そうなカレンダーはあるかなーと思って昨日俯瞰していたところ,gitのカレンダーが結構空いているのに気が付き,ちょうど投稿できそうなネタがあったので恐れながら投稿予約をしてしまいました。


実は既にこのサイトでも記事として公開していたのですが,あまりview数も稼いでいなかったので改めてQiitaに投稿する予定です(reviseするので現在非公開にしています。出し惜しみとも言います)。

また他にも記事書けそうなトピックがあったら積極的に参加していきたいところです。そんな期待を込めて記事のタイトルは「1つ目」にしました。
修論も佳境な時期ですが,楽しいことで忙しいというのは幸せなことです(研究含め)。

頑張ります!!

2016/12/31追記

無事,Qiitaに投稿完了しました。
こちらの記事です。もしご興味あればご覧ください!
gitでラクに納品するためのカスタムgit archive

“Qiita Advent Calendar 2016で記事を書きます(1つ目)” への2件のコメント

  1. 学内を案内してもらった上に宣伝までしてくれてありがとう笑
    あれがきっかけだったとは驚きました. 新ブログ毎日楽しく読ませてもらっています.

    1. こないだはわざわざ来てくれてありがとう! ドイツで君に会えたのはなかなかラッキーだったな笑
      また東京来たとき飲みましょう!

コメントを残す